自由律俳句と大阪九条のあたり

  • 更新日: 2020/04/07

自由律俳句と大阪九条のあたりのアイキャッチ画像

九条は大阪にも京都にも奈良にもあります。


パスカです。

今回は大阪の九条周辺をうろついています。

九条は近くに京セラドーム大阪がありつつ、下町情緒もしっかりと残っているところです。

もちろん今回も路上観察ののち、道中で着想を得た自由律俳句(五七五のリズムや季語にとらわれない俳句)を最後に発表します。

《路上観察》



<九条北公園らへんからスタート>
工場の改造室外機。
郵便受けがいいですね。



一番上の透かしブロックから管。



アロエジュース推しの看板。



<キララ九条商店街へ>
ナショナルの古そうなキャラ。
台座には「元気くんとよんでください」と直接書かれてます。



見たことない形の電話。



何かがあったっぽい場所。



電話番号が全部違う。



入れ歯の落とし物。



刃物に特化した標語。



カブトムシも思わずニッコリ。



防犯カメラを絶賛アピール中。



です。から始まる文章。



クセの強い貼り紙。



色々派手な散髪屋さん。
サインポールの袋ってあるんですね。



椅子が禁煙する時代。



本~ブックス~。



もはや室内機と化してる。



無理矢理書き足した「き」。



逆に貼って注意を促すタイプ。



ギロリ。



まさかのキャベツぎっしり。



道のど真ん中に信号の押ボタン。



めっちゃサル。



カールおじさんみたいな電話マーク。



なんかカッコイイ営業中。



おしこ。



何故かソフトバンクの三角コーン。



らしいです。



たぶんここにあっても無くてもいい鍵。



散髪屋さんの妙に気になるキャラクター。


路上観察はこれにて終了。
それでは今回の自由律俳句です。


《自由律俳句》








(終)





▼パスカさんの自由律俳句をもっと読みたい方はこちら

パスカ

自由律俳句や共感詩のようなものを投稿しています。



▼自由律俳句集『待ち受け画像がちらし寿司』ほか

自由律俳句集発売中です!

自由律俳句集『麦わら帽子が似合わない』『ブルマ追いかけて八位』『待ち受け画像がちらし寿司』が好評発売中です! 【全巻共通の仕様】 文庫本サイズ / 46ページ / 460句収録 紙本:550円





このサイトの最新記事を読もう

twitterでフォローFacebookでフォロー

パスカ

自由律俳句と路上観察をしています。私家版の自由律俳句集も発売中です。

関連する散歩

フォローすると最新の散歩を見逃しません。

facebook      twitter      instagram      feedly