自由律俳句と大阪京橋のあたり

  • 更新日: 2019/11/05

自由律俳句と大阪京橋のあたりのアイキャッチ画像

京橋はええとこだっせ


パスカです。

今回は大阪の京橋をうろついてみました。

京橋はJRも私鉄も通っていて栄えていながらも、飲み屋街としての下町っぽい一面も持ち合わせており、そのゴチャ混ぜな感じがいかにも大阪らしい地域です。

もちろん今回も路上観察ののち、道中で着想を得た自由律俳句(五七五のリズムや季語にとらわれない俳句)を最後に発表します。


《路上観察》



まずは住宅街へ。
エナジードリンクみたいな残り方の街区表示板。



バッキバキすぎて読めない看板。



すれ違うことなど不可能な、鉄骨渡り的道路。



勝手口と書いてあるので勝手口。



当たり前みたいに掲げてあるけど少し怖い。



カラスにも分かりやすいように書いてある。



ファイアレッド/リーフグリーン。



ログハウス調の広い室外機ガード。



この界隈で最も細いドア。



めっちゃ早口っぽい。



null公園。



手前の葉っぱだけ偽物っぽい。



自転車だけ「もの」に含まれていない。



カラフルな車除け。



シャッターに残された「ギャラリー 絵」。



横道から新京橋商店街へ。
いかにも居酒屋な張り紙。



よりによって肩も腰も無さそうなキャラクターを。



略して虫歯。



「俺に構わず先に行け!」系の室外機。



水槽にいる段階で「てっちり」と呼ばれているフグたち。



「街に眠る者」が住んでる人か死んでる人かで解釈が変わってくる。



新京橋商店街の名物、真実の口。



信号を渡って京橋一番街へ。
「諸車」という言葉のチョイス。



効きそうだけど凄ぇ字面。



左に曲がって京橋東商店街へ。
「日向は木ノ葉にて最強」みたいな文言。



おそらく勝手に積まれたペットボトル。



大阪ということもあって、お笑いコンビの名前にも見える。



大通りに出て移動。
関西のローカルお弁当屋さん「ベントステーション」のシャッター。



もはや全国的に有名な、炭火焼肉「十八番」のリラックマ。



京橋交番前(前)。

路上観察はこれにて終了。
それでは今回の自由律俳句です。


《自由律俳句》









(終)





▼パスカさんの自由律俳句をもっと読みたい方はこちら

パスカ

自由律俳句や共感詩のようなものを投稿しています。



▼自由律俳句集『待ち受け画像がちらし寿司』ほか

自由律俳句集発売中です!

自由律俳句集『麦わら帽子が似合わない』『ブルマ追いかけて八位』『待ち受け画像がちらし寿司』が好評発売中です! 【全巻共通の仕様】 文庫本サイズ / 46ページ / 460句収録 紙本:550円






このサイトの最新記事を読もう

twitterでフォローFacebookでフォロー

パスカ

自由律俳句と路上観察をしています。私家版の自由律俳句集も発売中です。

関連する散歩

フォローすると最新の散歩を見逃しません。

facebook      twitter      instagram      feedly