自由律俳句と小路のあたり

  • 更新日: 2020/05/12

自由律俳句と小路のあたりのアイキャッチ画像

少路駅と間違えると大変なことに。


※この記事の散歩は外出自粛要請以前に行われました。


パスカです。

今回は大阪の小路周辺をうろついています。

小路は今里と布施の間あたりにある地域で、駅の名前でしか知らなかったので巡ってみました。

もちろん今回も路上観察ののち、道中で着想を得た自由律俳句(五七五のリズムや季語にとらわれない俳句)を最後に発表します。

《路上観察》



<小路駅周辺からスタート>
「愚禿」ってすごい言葉だ。



足ツボモンスター。



ヒトシ君人形が! 2つも! 何故!?







ベの濁点が自転車なのがいい。



何の店にでもいけそうな語呂合わせ。



手が前後してるからドスコイに見える。



人間以外を直すのは下手。



野生のかっぱ寿司。
ついに完璧なやつを発見しました。



<布施の方の商店街へ>
著作権的にギリギリOKなアップル。



昔ながらのおもちゃ屋は撮らずにいられない。



「とても楽しい」を具現化したような字。



全裸園児。



ピーローだから安い。



タンスの更生施設。
字が怖い。



飲食物=たこ焼きの町。



アイディアはいいのに、「募」の下がガタガタ。



「雨ふりの自転車」って詩的で好き。



膝から下が短いピクトグラム。



針の十の反り。



今時な感じのお寺の言葉。



オシャレな絵と室外機。



小さくピース。



<商店街を戻って外へ>
銭湯の飛び出す字。



なるだけ。



愛犬家にはルビなし。



イラストがヒントの警告。



めっちゃ細い公園。



確かにとびけりはよくない。



<今里側へ渡る>
なかなかナイスな廃自販機。


路上観察はこれにて終了。
それでは今回の自由律俳句です。


《自由律俳句》








(終)





▼パスカさんの自由律俳句をもっと読みたい方はこちら

パスカ

自由律俳句や共感詩のようなものを投稿しています。



▼自由律俳句集『待ち受け画像がちらし寿司』ほか

自由律俳句集発売中です!

自由律俳句集『麦わら帽子が似合わない』『ブルマ追いかけて八位』『待ち受け画像がちらし寿司』が好評発売中です! 【全巻共通の仕様】 文庫本サイズ / 46ページ / 460句収録 紙本:550円





このサイトの最新記事を読もう

twitterでフォローFacebookでフォロー

パスカ

自由律俳句と路上観察をしています。私家版の自由律俳句集も発売中です。

関連する散歩

フォローすると最新の散歩を見逃しません。

facebook      twitter      instagram      feedly