自由律俳句と茨木市奈良町のあたり

  • 更新日: 2021/04/08

自由律俳句と茨木市奈良町のあたりのアイキャッチ画像

オオサカのイバラキにあるナラ。


パスカです。

今回は茨木市の奈良町(ならちょう)周辺をうろついています。
奈良町は偶然通りがかって、大阪なのに「奈良」というのが面白くて寄ってみました。

もちろん今回も路上観察ののち、道中で着想を得た自由律俳句(五七五のリズムや季語にとらわれない俳句)を最後に発表します。

《路上観察》



<交差点からスタート>
交差点の名前は「奈良」。
一瞬戸惑うネーミングですね。




ピカチュウの尻尾みたいな点字ブロック。




住宅地にいきなり鳥居。
こういうの好きです。




何の動物か分からない飛び出し看板。
近くに学校があったからか、この一帯にはたくさん飛び出し看板がありました。




<鳥居の奥へ>
灯篭の先頭に道路標識。




犬が「まち」と言ってるようにも見える。




ほぼ消えかかった駐車禁止。
金属プレートにペンキで、というのも珍しい気がします。




ちぎれた街区表示板。




<鳥居まで戻って反対側へ>
ギリギリな鉄筋コンクリート。




半身を失った飛び出し看板。
部位が散らばっているのが何とも……




コンクリートの出っ張ってる部分。




壁と同化したカバー。
石のところだけ塗り分けとかはしないみたい。




コテみたいな窓。
若干顔にも見える。




消火栓の小さな看板。
赤丸を押したい気持ちをぐっと堪える。




住所が○○○。




使用禁止の遊具。
最小限のテープで効率よく禁止していますね。




楽天っぽいと話題になった立命館のロゴ。
生で初めて見たので興奮しました。




<隣の新中条町に突入>
野球バージョンの飛び出し看板。
シューズはミズノ。




怖っ!




家の角がちょっとはみだしてた。
どうにかならなかったみたい。




○とか×じゃない営業日のマーク。




4を「ス」と読ませる強引さ。




低いセブンイレブン。
このあと、めっちゃ雨が降ってきました。




何かが封印されてた。




人という字は入の反対。




おとぎ話みたいな世界観の看板。




シークヮーサーでしか見たことのない「ヮ」だ!




一台分の駐車スペース。
2なのもいいですね。




野生のサボテン、じゃないと思うけど生えてた。




試されてる橋。


路上観察はこれにて終了。
それでは今回の自由律俳句です。


《自由律俳句》







(終)





▼パスカさんの自由律俳句をもっと読みたい方はこちら

パスカ

自由律俳句や共感詩のようなものを投稿しています。



▼自由律俳句集『待ち受け画像がちらし寿司』ほか

自由律俳句集発売中です!

自由律俳句集『麦わら帽子が似合わない』『ブルマ追いかけて八位』『待ち受け画像がちらし寿司』が好評発売中です! 【全巻共通の仕様】 文庫本サイズ / 46ページ / 460句収録 紙本:550円















このサイトの最新記事を読もう

twitterでフォローFacebookでフォロー

つながり散歩

#大阪府の散歩 #茨木市の散歩 

パスカ

自由律俳句と路上観察をしています。私家版の自由律俳句集も発売中です。

関連する散歩

フォローすると最新の散歩を見逃しません。

facebook      twitter      instagram      feedly