新大宮を散歩しました

  • 更新日: 2017/12/14

新大宮を散歩しましたのアイキャッチ画像

奈良ですが寺社仏閣はぶん投げてスルーです。


今回は奈良市は芝辻町、新大宮駅にやって参りました。近鉄の奈良駅と大和西大寺の間の駅です。大和西大寺、大阪や京都の人は聞いたことあると思います。個人的にはコミュニティの中の30人に1人くらいは奈良から通勤通学してる人がいて「大和西大寺で………」と言ってるイメージです。降りたことはなくても平城宮跡を車窓から見たことがある人はいらっしゃるのでは?


いわずもがな文化的な土地ですが、今回もそんなアドバテ―ジをことごとく無視した散歩です。お付き合いください。



まず目に飛び込んでくるのはこの看板



愛馬阪急線に甘やかされて育った僕には近鉄は刺激が強すぎるのかもしれない。



その真横に「とまり.きき. みて. とおれ」というパンチの効いた標語。
フォントも少しだけ怖い気がする。



ロータリーには平和そうな像が。



クリスマスコンサートの案内。奇をてらい過ぎてか装飾のカラーリングが完全に床屋のそれになってしまっています。



塾がたくさん。これはもう塾ビルと言って過言ではないですね。
東大寺とか、西大和とか、近鉄で東寺まで来て洛南に通うのがエリートコースって感じですかね。今は事情が違うのかな。



奈良感が急上昇する案内板。そうだ、忘れかけてたけど奈良に来たんだ。





駅を背にして北に進みます。



ここにも塾。駅に近いのは安心で嬉しいですね。



東側には若草山の緑が広がります。東大寺、春日大社、奈良公園などの「ベタに奈良っぽいとこ」は向こうの方に密集してます。今日は行きません。残念。



眼科の看板。火曜の午後診だけめちゃくちゃダメージを受けてます。火曜の午後診の存在を妬む輩がいるのかもしれません。想像が膨らみます。



電線に優しく自然に厳しい……



「奈良市で大人気の英会話教室」
電話番号のごろ合わせで8を「エイ(eight)」とネイティブに読むあたり信用できますね。



なんだかインチキネットビジネスみたいなコピーだな。と思ったら中に居る店員さんはしっかり小顔でした。疑ってごめんなさい。



自戒も込めて何度もいいますけど、奈良です。





駅前も飽きたのでのんびりしてそうな方向を目指します。





相変わらず街路樹はブち切られています。勝手に植えられて、勝手に切られてる。



根こそぎいかれてるところも。



色々詰め込まれ過ぎてよくわかりませんが、とにかく身体にハッピーなサービスを提供してくれるということだけはわかります。



「痛い だるい しびれる」
この3重苦だけは絶対に背負いたくないな。



珍しく立派に大きい樹が。



って御神木?!?!
一本だけ凄い贔屓されてませんか?ケイダッシュステージにおける「所属タレント:オードリー、その他」みたいな感じだな。





たしかに街路樹とは比べ物にならないくらい立派。いやだとしても!!
どうにも納得がいかないので地元の人にきいてみました。

御神木ではない街路樹は電線の高さに合わせて切られてしまってますが、これはいつくらいから?


私は最近引っ越してきたから分からないけど、少なくとも2年半前(2015年)からずっとあのままですよ。


どうして切っちゃうんですか?


台風の時とかに後片付けが大変で。とはいえ処理しないと車が通れないし。町全体が高齢化してるっていのも多分理由のひとつですね。



そんな大人の事情があったとは知らなかった。生意気いってすみませんでした。
「御神木なら佐保川沿いにもっと立派なのがあるわよ」
と親切に教えてくれました。実は今回キャリーケースを引いて歩いているので流石にそこまでは行けない……と断念。次の楽しみとして取っておくことにします。



気をとりなおして散歩再会。道の生活感がぐっとあがってきました。



とにかく教育に力を入れている土地って印象です。尼崎でやってもこれ流行るかな……?



そしてとにかく子供に優しい。こんな旗がいたるところに掲げられています。
何気なくすれ違ったお爺さんも、何ならさっきお話をした奥さんも服の下には ”S” とプリントされたスーツを着ているのかもしれません。電話ボックスが見当たらないのでどこで着替えるか気になります。





ほのぼの風景をどうぞ。



ここにも子供への配慮が。マンションのエントランスを出て即すべり台です。



反対側にはシーソー。



ただキャリーを引くにはやや厳しい道です。



これ奥まで全部いえ。大きい家はテンションあがりますね。





原風景です。ご確認ください。



大きい道に戻ってきました。



気づくと三条通の近くに出てきました。折角なのでJR奈良駅も寄ってみることに。







なかなか現代的で美しい建物。



この高架に登ってみます。







天気も良いし、物凄い全能感。もう少し暖かければ文庫本もって来たいですね。それだけで1日潰せるんじゃないかな。


意外にもテンションの上がるJR奈良駅に後ろ髪を引かれながら散歩再開。三条通を沿って新大宮駅の方まで戻りたいと思います。




白と黒の床屋。喪に服してるのか?!



異様なカラーリングの自転車。こっちは絶対喪に服してないな。



今回一番驚いたのがここの駐車場。



26台停めることのできる結構大きな駐車場なのですが…………





そうなんです、ファミレスなんです。ファミレスの居抜きで駐車場だけ利用しています。
いやこの場合「居抜い」てないのかな?

斬新すぎる



ひとり通るのがやっとの歩道。



「ナラジョ」こと奈良女子。
個人的な話ですが、最近はもう女子高生を怖くなくなりました。なんであんなに怖かったんだろう。僕は何と戦っていたのか……。



一度にして2か所に「全員集合」することは不可能なのでは……?



近鉄の踏切が見えてきました。ゴール目前!




大きくぐるっと一周する形で駅に戻ってきました。



あの平和の像も愉快なラッパで僕を祝福してくれているのかもしれません。



奈良方面へはもちろん



京都にも大阪にもアクセスできます。
僕は東京から新幹線で関西に戻ってきて、京都駅で近鉄に乗り換えました。帰りはというと近鉄から環状線に乗り換えて大阪駅へ。そこから愛馬・阪急線に乗り移り兵庫の家へ帰宅。


奈良、気合を入れて行く場所だと思っていたんですけど案外ふらっと来れそうです。また来よう。




番外編

東京で「うわ、ホンモノのピーポ君や!」と本場のキャラクターに喜んでいたのですが、奈良にもそれっぽいキャラいました。



ナポ君だそうです。こいつの動向もチェックしていきたいですね。





このサイトの最新記事を読もう

twitterでフォローFacebookでフォロー

川合裕之

兵庫県西宮市在住(自称)。
ギター、ベース、ドラム、作詞作曲など、全部が出来ない。

関連する散歩

フォローすると最新の散歩を見逃しません。

facebook      twitter      instagram      feedly