JR東日本エキナカ自販機ブランド「アキュア」で一番美味いのを決める

  • 更新日: 2018/06/27

JR東日本エキナカ自販機ブランド「アキュア」で一番美味いのを決めるのアイキャッチ画像

アキュアのオリジナル商品に注目している人は多い。


どうもこんにちは。山川です。

これから夏本番、水分補給が欠かせない季節ですね。
僕は、安全牌のカルピスやコーラをさしおいて、ついついニッチな飲み物を買ってしまう、そんな性分です。

未知の飲み物、探せばいろいろありますし、定期的に話題に上ります。
ただ、そういったものは、ご当地モノであったり、しかも限定発売であったりして、手に入れるのが大変だったりします。

正直、めんどくさいですよね。

もっと簡単に、定期的に、変な飲み物を手に入れたい。
そんな冒険心とズボラ心を併せ持つ人にぴったりな自販機が、とある場所にめちゃくちゃ存在しているとしたら。




JR東日本の駅のホームにあるacure(アキュア)。
JR東日本ウォーターサービスの自販機です。
山手線のホーム歩いてると一駅に5,6か所くらい設置してあるので、無意識にお世話になっている方も多いと思います。

この自販機、炭酸飲料やらコーヒー類などのポピュラーなドリンクを無難に取り揃えつつも、道行く人々の好奇心をくすぐる前衛的な飲み物を取り揃えているのです。
例えばこの並びだと、最下段あたりからオリジナルの香りがします。



ポピュラーに紛れてオリジナル。

左から4番目の商品は、昨年発売されて話題になった「コクGrand time ふって飲む甘美なショートケーキ」っていうやつですね。
我が家のおばあちゃんが無類のショートケーキ好きなので過去に大人買いしましたよ。飲ませたところ、「イチゴの味がするわ……甘い……」とコメントしていました。ケーキ感は無かったようです。




あとこれ、値段が5円単位なの、お分かりになりますでしょうか。
実は、アキュア自販機のいくつかは、定価より5円安いんです。



その秘密は、SuiCa支払い専用機。Suica専用機で買うと定価よりも5円安くなるのです。
おつりの補充や集金の手間が無くなり、運営も楽なんでしょうね。
こちらとしても、SuiCa払いなので、値段を5円単位で刻まれても手間は増えません。お互い嬉しい。Win-Winの自販機です。




最近のアキュアは、このタイプを見る機会が増えました。
なんとも近未来的。
これを次世代自販機といいます。あ、ギャグでいってるんじゃないですよ。公式HPに本当に書いてあるんですから。
なんとなく、ポケモンサンアンドムーンのポケモンセンターを思い出してしまいます。



たまに天気情報がオーバーレイしてきて、商品が見えなくなります。



商品の絵に触れると、ディテールが表示されます。
RPGのアイテム選択の場面で見たことある光景です。
購入ボタンを押してスマホに転送されたらどうしよう、と思うのですが、ちゃんと物理的なドリンクが出てきます。




さて、僕はアキュアが大好きで、どれもこれも美味いと思っているのですが、ところで今どれが一番美味いんだろうな、と思ったので、アキュアのオリジナル商品をいろいろ買ってきて、飲み比べしてみることにしました。



僕もこんな一度に買ったのは初めて。
ときに、一人で美味い飲み物を決めても説得力に欠けるので、ぜつさんとヤスノリさんを呼んでみました。

事前アンケートをしてみても、この人達は特にアキュアに思い入れは無いみたいでした。
本当はそんな人に1ミリリットルも飲ませたくないのですが、厳正な審査に、思い入れの無い人の意見は貴重です。

果たして、アキュアで一番美味い商品はどれなのか。
個人ブログでももうちょっとヒネるであろう、果汁100%ストレートな大会の開幕です。


ステージ1「デザートの飲料化部門」

アキュアって、デザートを無理矢理飲み物にした作品が多いんですよ。だから、何の飲み物なのか当てるのも楽しいのかなと思って、紙コップに用意しました。


作品って言った。





はい、まずはこれです。


飲み物が飲めると聞いたのだけど?


スーパーの試飲でこれ出されたら引くな。


なんかグチャッとした食感がありますね。イチゴ牛乳ですね、何故かとろみの付いた。


商品名を当ててよ。


え、じゃあ、「何故かとろみの付いたイチゴ牛乳」





当てる楽しみをもっと!! これは「コクGrand time ふって飲む甘美なショートケーキ」です。話題になったやつ。飲んでみて華やかな時間が過ごせたんじゃないですか?


イチゴ感はまぁある。ケーキのスポンジ感はない。ゲル。





でんぷんとかこんにゃく粉とか入ってるな。でもね、言われると分かるよ。舌とかバカだから、そう言われるとスポンジっぽいなあ、とか騙される気がする。なんとなく楽しみ方が分かってきたぞ。


そう?


スポンジを頭に浮かべて飲んでみてくださいよ。





ゲル。


この人にはさあ、VRでケーキ表示したらいいんじゃない?


ゲルを感じてしまう人は数回シェイクしてみるのがいいと思います。





100回くらいシェイクしたと思います。


数回って言ったのに? なんで?





あれっ? 完全にイチゴ牛乳になった。イチゴ牛乳として美味しい。


シェイクしまくったあとの方が個人的には好きですね。


美味しい出ましたね? 美味しいでしょう? アキュア。


ケーキ感は無くなっちゃったけど、それでよければ美味いって言っていいと思います。美味い。さっきのゲルのときも、先にケーキって言ってくれたら楽しんで飲めたと思う。




次はこれ。フランスで人気のあるデザートをモチーフにした飲み物ですよ。





甘い。カフェオレ?


練乳っぽい甘みもある。ああ、これ、マックスコーヒーだ。


さて、これは何のデザートを表現したものでしょうか。


じゃあせーので言お、せーの、マックスコーヒー!





フランスのデザートだって言ってるのに当てる気ゼロじゃないですか。正解は「クレームブリュレラテ」。ただ、これはアキュアではなくUCCの製品なんですけど、アキュアでよく見ます。


ブリュレね。言われてみると。美味いですよ。言われてから飲むと。


そう、さっきから文句ばっか言ってる感じになってるけど、すごく美味いですからね。こういうのは、クレームブリュレラテを頭に描いて楽しむものであって、こっちからクレームブリュレラテを推測しようとするからこういうことになる。


方式を批判し出した。






批判された方式ですが、この形式でやるの最後だから。この飲み物を当てるのはけっこう簡単めですよ。日本人なら誰でも一度は食べたことがある食物繊維豊富な甘い食べ物がモチーフです。


これねえ、匂いで大体分かったんだけど、言っていい? 焼き芋ですよねこれ。


初めて当たった! ハウス食品の「焼きいもだより」です。これもアキュアで先行発売されて以来、アキュアでよく売られています。





焼き芋なのになんでコールドなの?


いや、本当はホットなんですけど、買ったのけっこう昔で保存方法に困ってたので、ずっと冷蔵庫に……


これホットで飲みたいな。メーカーも、コールドで飲んで評価されましても、ってなる。


でもすっごく焼き芋感出てますよね。今までの中で唯一分かるし食べてる感じになる。口が完全にだまされるの面白い。唯一本物と違うのが、飲み物だからか、焼き芋の味がすぐに口から居なくなる。逃げ足が早い。


逃げ足の速い焼き芋。


ホントのサツマイモはわりとねっとりと口のなかに居続けるのに、これはサーッてどっか行っちゃうから、すごく混乱する。「速っ!」て言いながら飲むと楽しい。





んでさあ、うまい飲み物決めるってときに辛いの食ってる人が居るんですよ。4倍とか舌バカになっちゃうでしょ。


そんな辛くないです、これ。そんな辛くない。


そういうことじゃないんですよ。ちゃんとしてくださいよ。




ステージ2「熱量が異常なフルーツ飲料部門」

さて、ステージ1はちょっと色物ばかり紹介しましたが、アキュアといえば、果物の飲料が美味い。これは誰もが認める事実です。特にりんごジュースに異常なこだわりを持っています。公式サイトによれば、「青森りんごシリーズ」は青森のひょう害りんごのジュースを駅ナカで販売したのが始まり、2010年から続く人気シリーズで、2018年現在はシリーズ7を販売中です。




公式サイトより引用

りんごジュースだけで6種類ある。最初にこれやったほうが良かったんじゃない? すっごい興味ある。





今回はそのうちの「トキ」と「ふじ」を用意しました。


濃縮還元じゃないんだ。ストレートだ。期待高まる!





左の濃いほうがトキ、右がふじ。


それぞれどういう品種なんですか。リンゴとしては。


ふじは、国内生産量No.1の品種だそうです。甘み・酸味・歯応えの三拍子が取れてるんだそう。


スーパーでむちゃくちゃ売ってますもんね、ふじ。トキは?


トキは、甘みと、シャキシャキとした食感が特徴だって。


シャキシャキは、ジュースを製造する過程で失われる特徴じゃないか。


飲むとこの2つ全然違いますね。ふじはバランス良い。トキはちょっと甘すぎて、これだけだと物足りないというか、たしかにシャキシャキみたいな刺激とセットで楽しみたい気はする。


りんごとして美味くなるように開発されてるから、シャキシャキを除去された状態で「甘すぎて物足りない」とか言われてもトキ的には「知るか!」ですけどね。



ちなみに、このりんごだけで人気投票したところ、2対1で、ふじでした。
国内生産量No.1 の味に我々が慣れている可能性もあります。

トキの味が王林に似ているという話も出ました。あとで調べたところ、トキは王林と紅月を交配してつくったもので、この味覚音痴たちも、救えないほど音痴というわけではないようです。アキュアでは、王林のジュースも少し前に販売されていました。




果物系の流れで"もも"いってみましょうか。福島県産あかつきを使った桃のジュースです。酸味が少なく甘みが強い、食感も硬すぎるということはなく、適度な存在感があるタイプらしいです。


りんごより甘くない。


桃の皮の独特の酸味がちゃんと残ってるんですね。一般的な桃のジュースだと最後の方がドロドロしてきて甘ったるいこともありますけど。


ネクターのこと? あれはあれでうまいだろ。


これはね、桃なんですよ完全に。すごい。


飲みながらにして桃を食べてる感じ。僕これ好きです。カブトムシとかも絶対これ好きですよ。




ステージ3「わくわく謎商品部門」



アキュアのヒットシリーズに「贅沢バニラミルク」があります。2016年に限定販売されて一度姿を消したのですが、2017年にシリーズとして舞い戻ってきました。その中から、いちごミックスと、栃木レモンです。まずは「贅沢バニラミルク いちごミックス」から。





イチゴ牛乳っぽい。さっきのショートケーキと味が似てるけど、ケーキよりは甘さが控えめな感じ。これ普通にウマいです。バニラがしっかり仕事してる。


クリーム食べてる感じがする。スポンジの再現は諦めて、こっちをショートケーキと言ったほうが良いんじゃないか。





次は「贅沢バニラミルク 関東(栃木)レモン」いきましょう。





なんだろう、こう……レモンが控えめ?


これってレモンの果汁が一切入ってないんですよ。レモン+牛乳+バニラではなく、レモン牛乳+バニラなんです。レモン牛乳は栃木のソウルフードのひとつで、関東牛乳が販売していたのですが廃業、いまでは栃木の乳業メーカー2社がレシピを継承して販売しています。そのうちの1社、栃木乳業のサイトによれば、レモン牛乳は戦後まもなく誕生した甘い牛乳なんだそうです。ここまで言っておいて、飲んだことはないです。


あ、栃木のインターでレモン牛乳のソフトクリーム食べましたよ。


おっ、どうでした?


このまんまの味ですよ。これ、そのまま。


確かに、レモン牛乳にバニラ入れる行為と、レモン牛乳でソフトクリームを作る行為は似ている。


ところで、この「贅沢バニラミルク」シリーズってアキュアと北海道日高乳業のコラボですよね。そこにさらに栃木乳業が混ざるってすごくないですか。コラボで業種が被ることってあるんだ?


まあ、レモン牛乳とコラボしようとしたら、栃木の牛乳会社が絶対くっついてきますからね。



ちなみに2018年6月現在、いちごミックスは販売終了して、その代わりに「メロンミックス」が新発売しました。
攻め続けるアキュアに栄光あれ。




最後これいきましょ。「ピンクジンジャーエール 紅しょうが風味」です。ポッカ札幌フード&ビバレッジの商品ですが、アキュア限定商品です。


紅しょうが、牛丼に結構入れるから好きだけど、飲みたいと思ったことはないなあ。





ガチなジンジャーエールだよ。カナダドライとウィルキンソンのジンジャーエールの中間くらいの味。辛すぎず甘すぎず。


ちょっと返しで酸味みたいの来るのが紅しょうがを表現していると思うんだけど、目を瞑ると正直よく分からない。色を見ながら飲むと納得する。人間は視覚で味わうって言うけどホントだな。


美味いし面白いけど、でも……なんで、これ作ろうと思ったんでしょうね。


紅しょうがでジンジャーエールを作るのだ~! みたいなこと上司に言われた日にはね。


牛丼屋の脇の自販機とかで売ればいいんですかね。


店が紅しょうが切らしてたときのリリーフとして? 多分そういう機能はしないっすよ、こいつは。ジンジャーエールでしかないです。




そろそろ優勝を決める

アキュアはこんな感じです。


いや、良かったですよ。良かったです。楽しめた。


最初変化球から始まったからどうしようかと思ったけど、美味しかったです。定期的に観察する気持ち分かりますよ。


では、そろそろ優勝を決めようと思うんですけど、どれが一番美味しかったですか?


うーん、これは悩む……


どれも美味かったんだけどねえ。なんか飲み過ぎてよくわかんなくなっちゃった。あと、これはアキュアのせいじゃないんだけど、今日ここにあるやつ全部甘いじゃないですか。一度にいろいろ飲んだから、口の中がおかしい。強いて言えば、自分は今一番これが美味い。





口直し用の水。確かにいま一番美味いけども……


アキュア美味かったけど、水の美味さを再認識した日でもあった。


まさかの水が優勝。


あっ、そういえば、それもアキュアですよ。





キャッ。


準備でたまたま一緒に買っただけだから言ってなかったですけど「From Aqua 谷川連峰の天然水」です、それ。


え、じゃあこいつホントに優勝の資格あるの?





優しいのは軟水の口当たりだけじゃない。離脱してないタイプのキャップも環境に優しい。



甘ったるいものを飲んだあとは、ストレートな水が一番。
水なくしては、あらゆる飲料水も生まれてこなかった。
全飲料の母が堂々の優勝でした。




突然大穴が優勝をかっさらっていきましたが、水以外では、「福島あかつき もも」「ふじ」に票が入りました。
果物ジュースの美味さはガチです。その中でも「福島あかつき もも」は、頭一つ抜けてると全員が高評価。



真の優勝はこれかもしれません。



アキュアの果物シリーズはこの大きさで160円っていう強気な価格設定ですが、これが駅に売っている奇跡をもっとみんな享受するといいと思います。
これから暑い日が続きます。JR東日本をお使いの方、ぜひアキュアを試してみてくださいね(お金もらってません)。


(おしまい)



このサイトの最新記事を読もう

twitterでフォローFacebookでフォロー

山川悠

誰もいないバッティングセンターで数百円分の素振りを楽しむのが好きです。
いや、本当は好きじゃない。みんなが見てる前でカキンカキンしたい。高校時代は帰宅部。

関連する散歩

フォローすると最新の散歩を見逃しません。

facebook      twitter      instagram      feedly