残り雪見をする

  • 更新日: 2018/02/08

残り雪見をするのアイキャッチ画像

都会に残った雪を探します。


2018年1月22日、東京、大雪。





いやあ、降りましたねえ。毎年何回かは降りますけど、今回のは平野部でも積雪20センチ以上、4年ぶりだそう。

昔仙台に住んでいたので個人的に雪はそれほど珍しいわけではないのですが、東京で雪が降るときにいつも思うことがあって。
雪国と違って、東京の雪は何日も降り続くことはなく、わりとすぐに片付けられてしまう。それはご近所の努力であったり、自治体のみなさんの活躍であったりするので、本当に頭が下がります。誰かの親切に生かされています。



逆に、数日経っても片付けられなかった場所、雪が積み置かれた場所ってのは、優先度が低い土地、無くても生活に困らない土地、それは言い過ぎかも知れないけど、なるほどね~というところに雪が残ります。雪国の人が見たら「そんなとこに置いたら溶けないだろ!」みたいな、雪かきに不慣れであることもあると思うんだけど、本題はそこじゃなくて、その、東京人が雪を置いていいと判断した場所、雪が取り残された土地の哀愁というか、そういうのを感じずにはいられないのです。



東京で場所の優先順位が可視化されるのって、このときを措いてほかにない気がします。
潔癖症気味の都会で雪の残っている場所を見つけ、妄想を膨らませる。それが残り雪見です。


実際に残り雪見してみる



1月26日、金曜日。雪が降った4日後の大手町に来ました。
大手町を選んだのは理由があって、ここは日本で一番潔癖症な街なんじゃないかと思っている。雪の処理が速く、土地間の格差が分かりやすいと踏みました。
大手町で4日間雪が放置されているエリアなんて、きっと要らない土地ですよね!



雪が全く無い。大手町舐めてた。大手町に要らない土地など無かった。すみませんでした!
冷たく張った空気のように立つビル。姿勢のいい人たち。あれ、ところで雪なんて降りましたっけ? 僕が見た雪は長い長い夢の可能性……



と思ったら脇道には普通に雪が残ってました。
ただ、そこはさすがの大手町。ビルとビルの間、万年日陰の道にも関わらず、車道の雪は綺麗に片付けられています。お疲れ様です。
これが世田谷区の日陰の路地だったら2週間経ってもマジで一面ツルッツルですからね。羽生君が来てもおかしくない。おかしいか。世田谷の路地には来ないわ。




この棒の周りすごいな。雪を既存の障害物に寄せる気持ちは分かるけど、この細い棒にそこまでの包容力は無い気がする。十二単(じゅうにひとえ)に例えると百二十単くらい。あと、ちょっと車道に出てる。




広いスペースの真ん中に、不自然に残る雪。
よく見ると、ここ、土地の境界線なんですね。左右のビル、それぞれで自分のエリアの雪かきをしたと思うんだけど、境界線はお互い遠慮した、バレーボールで言うところのお見合いのような残り雪だったらいいなー。排水溝の近くに沿って積んだとか模範解答であってほしくない。




平将門の首塚だ。残り雪あるかしら。



雪が全く無かった。要る土地だ~。
積雪20センチですよ? 誰かがむちゃくちゃ綺麗にしたんでしょうか。それとも雪をも溶かす怨念でしょうか。
いずれにせよ、首塚はとても必要な土地であることが分かります。




皇居に出た。雪全然ない。要る土地だ~。




Sの字に雪が残っている。溶け行く雪のダイイングメッセージでしょうか。犯人の頭文字はS。あ、SUN。




東京消防庁だ。こんにちは、優先順位の低い土地探しに来ました。



無理矢理作ったような三角の花壇にドッサリ雪が残っていた。これ降りっぱなしの雪じゃない? マジで要らない土地なんじゃないかしら。
この土地貰えませんかね? もしくはこの花壇僕に任せてくれない? 2ヶ月くらいは飽きずになんか園芸やると思います。




気象庁だって。今回の大雪の首謀者です。
ちょっと行ってみますね。




ポツ、ポツと残り雪が。一定間隔で雪山を作るような雪のまとめ方をしたのかな。雪かきお疲れ様です。





何故かその雪の中に領収書みたいなのがあった。
不正会計を雪山に隠して冬の間は発見されない算段だったのにわりと速く溶けてしまった、みたいなことでしょうか。気象庁職員が考えそうなトリックだな、と思いました。




駐車場。これは要らない土地? と思ったけど白線の上だからなあ。



ただこれは絶対要らない土地だろ。ゴロンて。駐車場にゴロンて何だよ。



ちなみにこれカッチカチに凍ってて動かないです。この駐車スペースは使われてないことが分かります。こういうのを探しに来ました。




全部の柱がこうだったので一瞬こういうものかと思ったら雪だった。
最高に嫌な奴が帰ったあとの盛り塩みたい。



あとこういうくぼみね。ここは完全にデッドスペースですよね。晩秋には落ち葉の吹きだまりとして大活躍する場所です。




うおー、遂にカッチカチの土地を見つけた。
4日目でこれってここ絶対使ってないでしょ。僕が言いたかったのはこういうことですよ。この土地は絶対に使ってない。僕にください!!!






あと、道路の真ん中ね。残りがち。
でもまあ、道路の真ん中なんてどうでもいいですけどね。さっき広い土地を見つけたものだから、ちょっとこう選り好みしはじめました。




これ電気の熱でちょっとまわり溶けるの速そう。




やってる花壇の上にガサッ! て雪が残ってるの大丈夫かしら、と思ったのですが、葉牡丹は雪に強いのだそう。




しばらく雪ないなーと思っていたら、ここだけ、手つかずの自然かよってくらい雪が残っている。なんで?



日本歯科大学発祥の地だって。誰も片付けてくれていない。虫歯治療痛いし、嫌われてるのかな……




ただですね、ここからマジで雪が無い。片付け力~。



土地の重要さ~。



重要な土地に重要な建物を作っている~。お疲れ様です~。




雪だと思って近づいたら土のうだったときの気持ち分かる?




再開発のシンボルであるところの新丸ビルのあたりまで来たら逆に雪があった。逆に。



そのうちの一つになんか色がついてた。なんだろこれ。





ははーん。やったな。




そうそう、あと、逆に雪が無いことにびっくりしたのがこういうオブジェ。誰かが丁寧に片付けたんだろうな。



これなんて、高いし、雪受け機みたいな顔してるから、上に絶対雪残ってると思ったのに残ってなかった。




東京駅に来た。東京駅はさすがに雪無いか……



あった。こういう場所ってよくあるけど何なんだろう。いずれにせよ、ここは人が入らないので雪も片付けないで良い、みたいなエリア。




あと東京駅前の広場、綺麗なんですけど、ボコボコ残ってた。一瞬、センスいいベンチみたいに見えてうっかり座りそう。




この残り方何だろなって思ったんですけど、別の角度から見たら、直線に配置されていることに気づく。
雪かきしたあと、こういうまとめ方をしたんだろうな。




ここって訪日観光客にも有名な写真スポットで、今日もたくさんの外国人の方が居ました。
凍ったら大変だものね。この広大な土地をよく雪かきしたなあ。ありがとうございます。


結論

雪かきお疲れ様です。



このサイトの最新記事を読もう

twitterでフォローFacebookでフォロー

ヤスノリ

街の歪み研究家。1年に100駅以上降りる。駅を制覇する系のアプリは本気出せば結構なとこまでいくと思うのだけど、毎回起動を忘れる。

関連する散歩

フォローすると最新の散歩を見逃しません。

facebook      twitter      instagram      feedly