タクシー運転手だけど世田谷通りを歩いてみるよ その4 ~新一の橋から喜多見駅へ

  • 更新日: 2017/01/17

タクシー運転手だけど世田谷通りを歩いてみるよ その4 ~新一の橋から喜多見駅へのアイキャッチ画像

ワンツゥー


いつもご乗車ありがとうございます。
タクシードライバーのぜつと申します。
嫌いな道路は時間規制で入れたり入れなくなったりする道路です。

さて、今僕は世田谷通りを登戸から三軒茶屋まで歩いているんですが、今回はそれの四回目という事になります。
そろそろ世田谷区へ入りそうです。




はいこれが前回もったいぶった新一の橋です。
橋のつく交差点が多いって事は近くに川があるか暗梁になっている可能性が高いんですが、特に調べてはいません。

時間はあるけど調べてはいません。




何かお店がちらほらと。
この場所はよくお巡りさんが立っていますね。
何かの罰ゲームなのでしょうか。




あ~うん、ごめんなさいね。
僕こういうの無理なんですよ。
だって中学生って本来こうじゃないじゃん?

大人のご機嫌伺いして、大人はヨシヨシつって優等生っぽいものを選んで評価する。
無理ですわこういうの~。

ポケットに、カルボナーラ入れて、香ばしい

せいぜいこのレベルでしょ。
僕の中学生時代はせいぜいこのレベルでしたよ。




一の橋のバス停。
新一の橋のすぐ隣が一の橋ですね。






ばりき屋。
炭火ホルモン焼き肉っていう、内臓肉特化型の焼き肉屋さんのようですね。

よく見るとhorumonsって書いてある。
パンクバンドみたいな名前。




下り車線側に赤い看板。




ワンツゥー。

分かっているよ。
実際やったらボコボコに瞬殺されるのは分かっているよ。

でもなんか、ちょっと勝てそうな気がした。




一の橋交差点に来ました。
やはり橋は見当たりません。




2017年3月オープン予定のニトリ狛江SC。
この場所はかつてカゴメの工場だか倉庫だかだった場所ですね。

比較的近所の用賀にも最近巨大なニトリが出来たばっかりで今勢いがありますねぇ。

ちなみに用賀のニトリは住友3Mの本社だった場所で立派な建物だったんだけど、居抜きではないです。
どちらも一から建て直しています。




ニトリ前にオービスが。
ニトリを見てヒャッホーってテンションが上がっちゃった人をばんばん取り締まります。




秋と言えば英会話。




トタン屋根に向かって立派なイチョウの木が。




抑え込まれている!
トタン強し!




二の橋。
道沿いにはびっくりドンキーとゲオのある場所。




喜多見駅の方に向かって二の橋商店街が続きます。
実はこの二の橋商店街、深夜の1時半頃になると実車のタクシーがビュンビュン通るんです。

小田急線の新宿発の最終電車が平日は経堂駅、土日祝は成城学園前駅止まりなんですね。
登戸方面に行きたいお客さんがタクシーに乗って世田谷通りへ出ます。
その最短ルートが成城不動坂を下った先の二の橋商店街なんですね。

タクシーからはしょっちゅう見るけど歩いた事は無かったので少しそれて行ってみましょう。
ちょっと浮気。




銭湯なのかスーパー銭湯なのか微妙なライン。




影だけうつむかないのも問題。




JJCとした際の組織名っぽさ。
世のジープ乗りはJJCの方針に従うのだ。
JJCがあん肝を靴の中に入れて運転する方針を打ち出したらそれに従わなければならにのだ。




決して遊んではいけない遊具。






いいから。
こっちに向かって手を振らなくていいから。
なんだお前、足が回復に向かったら油断してすぐこれだ。
もっと自分をいたわれ。




何かの技みたい。
戦闘機のドッグファイトでエースパイロットの白井さんが得意としていた雲にまぎれて撹乱し、一気に背面に回り込む技術。
っぽい。




いやだからね、ダンススクールのそういったノリが苦手なんですってば。
いつだってそうやってグイグイ来るじゃん。




グイグイ来られても平気な方は如何でしょうか。




街の歴史をずっと見てきたであろう書道教室の看板。
いいもん見てきた感じがすごいする。




この細い道をずっと真っすぐ行くと、喜多見と成城の境にある不動坂を登ることになります。
この部分は一方通行だから回り込まないといけませんけどね。

言わずと知れた高級住宅街の成城はやはり高台になっています。
成城から狛江や喜多見方面に下る坂は他にも何本もあって、非公式っぽい名称のものが市民権を得ていたりしますね。
不動坂の他にも、ビール坂、病院坂、クランク坂、等々。




という訳でついつい喜多見駅まで来ちゃいました。
駅前はまた駅散歩の方に取っておかなきゃいけませんので世田谷通りへ戻りましょう。
次回ですけどね。
今回はここまでですけどね。


雑感

東京では少し珍しく駅前じゃない場所にゲオがありましたね。
二の橋のびっくりドンキーとゲオは良い感じの目印になってます。
喜多見は狛江市と世田谷区の境に位置していて、駅はぎりぎり世田谷区。
でも隣の成城とは違う牧歌的な良さが大好きです。
文化圏としてはまだ狛江のような気がします。
それではまた次回、宜しければご乗車ください。




このサイトの最新記事を読もう

twitterでフォローFacebookでフォロー

つながり散歩

#歩く #世田谷通り 

ぜつ

決して相容れないと言われていた睡眠と散歩の両立を目指して、日々夜勤明けで散歩に明け暮れております。
ダンゴ虫と同じ人目につかない所へ進む行動パターンですので、大き目の石をひっくり返すとたまにいます。
その石をまた戻すと潰れます。

関連する散歩

フォローすると最新の散歩を見逃しません。

facebook      twitter      instagram      feedly